サイトメニュー

診断書作成の必要性

医者と看護師

必要に応じて作成を依頼

うつ病になってしまった時には、しっかりと治療を受けて、必要に応じて病気休養などを取得して早期に対処を行うことが重要となります。企業によっては、うつ病と診断されたときに病気休暇を取得することが出来る場合があるので、就業規則等を確認してみると良いでしょう。会社の雰囲気が病気休暇を取得しにくいような時でも遠慮しているといつまでたってもうつ病が完治せずに苦労をしてしまうことになるので遠慮せず病休を取得するべきでしょう。うつ病で休みを習得する場合、うつ病診断書を提出することが求められる会社が多くなっています。うつ病診断書は、クリニックに通院した際に別途依頼をすれば、作成してもらうことができますが、追加で診断書作成費用が必要となります。作成に必要な費用はクリニックによって違いはありますが、それほど高くはないので、事前に相場などを調べておくと良いです。また、通院する心療内科クリニックに事前に問い合わせをしてうつ病診断書作成の費用を教えてもらうと良いでしょう。うつ病診断書を作成してもらう際には、症状などをきちんとわかる様にしてもらえると会社へ提出する際に信頼度が増すことになります。いろいろな心療内科クリニックがうつ病診断書作成をしてくれますが、利用する際には、知り合いで作成してもらった経験がある人の意見などを聞いてみると良いでしょう。症状が軽い場合でもすぐに病気休養をしたほうが短期間で回復させることが出来るので、クリニックの先生に相談して、症状が軽くてもうつ病診断書を作成して欲しいとお願いすると良いです。その他、会社をうつ病などが原因で退職することになった時などもうつ病診断書があれば、労災の請求や会社への慰謝料請求に役立てることが出来ることがあるので、勤めていた会社と争うような時にも取得しておくと良いです。会社に対して慰謝料請求をする場合には、弁護士などにうつ病診断書を取得したほうが良いかを確認すると良いでしょう。診断書を作成してもらうのであれば、出来るだけ期間をあけずにすぐに心療内科クリニックへ通院したほうが証拠として役立つこととなるでしょう。

Copyright© 2019 うつ病診断書は治療の重要書類【長期の療養が必要なことを証明】 All Rights Reserved.