サイトメニュー

典型的なうつ病だけでない

悩む男性

心療内科でも可

多くの人がかかるうつ病は大うつ病ですが、非定型うつ病に罹る人も、特に女性の間で目立ってきています。大うつ病は一日を通して抑うつ気分が続き、気力が落ち込んだり思考能力が低下したりするため、社会生活もままならなくなるのが問題です。さらに、身体的症状として激しい倦怠感や疲労感、体の痛みなどが挙げられます。その症状は自分でも気付きにくいくらいの軽症であることもありますが、治療をせずにいると中等度、重症と発展していく可能性が高いです。慢性的なストレスが要因になると考えられているため、休職して十分な休養を取ることを勧められる人は珍しくありません。休職するに当たって、会社からうつ病診断書の提出を求められることがほとんどです。一方の非定型うつ病は、抑うつ気分は楽しい出来事で払拭され元気になるので、気分は一定していません。他人からは気分屋に見え、大うつ病と違って食欲や睡眠時間が増えます。また、鉛様麻痺に悩まされるのも特徴です。いずれにしても診断は容易でなく、うつ病診断書にはうつ病と明記されることもあれば、抑うつ状態や適用障害などと書かれることもあります。うつ病や非定型うつ病が疑われる場合、基本的に精神科を受診します。どの医療機関の医師の腕が良いといった情報は、無に等しいでしょう。精神障害の治療は長期戦であり、完治が難しいためです。外科手術のように高いスキルが評判になるものではありません。ですから、とりあえず通いやすい場所にあるクリニックを訪れてみるといいでしょう。精神科の多くはホームページを設けているため、雰囲気の良さそうなところを探してみたり、沢山の情報を掲載しているところを選んでみたりするのも一案です。会社に提出するうつ病診断書が必要だから受診するだけ、と考えずに、しっかりと治療に取り組んでください。甘く考えていると再発リスクが高まり、何度もうつ病診断書を会社に提出しなければいけなくなるかもしれません。それから、精神的症状は特になく、身体的症状だけ出るうつ病の人もいます。原因に心当たりのない倦怠感や疲労感に悩まされていて、内科などで診てもらっても問題がなかった場合は、心療内科を受診してみてください。心療内科では、精神障害にも詳しい内科医や精神科医が診てくれます。

Copyright© 2019 うつ病診断書は治療の重要書類【長期の療養が必要なことを証明】 All Rights Reserved.